文章構成と文例集

年賀状の裏面に書かれるべき内容は、本来どのようなものなのか? 多くの人がミスしがちな、「ありがちな誤解」とは何なのか? 親しい友人・知人向けのほか親類向けやビジネス用途など、出す相手やシチュエーションに応じた内容を解説しています。そのまま使えるサンプル文例なども充実させました

文章構成

目上の人向け

会社の上司や先輩、学生時代の恩師といった目上の人に出す年賀状のポイントは、旧年中のお礼を述べると共に、新年に向けての抱負や目標などを述べる事です。会社の上司・先輩であれば、あなたと先方で関わりのある仕事などを取り上げてお礼を述べ、新年の決意を述べましょう。賀詞は「謹賀新年」「恭賀新年」といった「謹」「恭」が入っていものがいいでしょう。

【上司・先輩への例】
謹賀新年(賀詞)
旧年中は大変お世話になりありがとうございました。(旧年中のお礼)
手がけている◯◯プロジェクトも、
◯◯様のご支援によりようやく完成を迎えようとしています。(近況報告)
最後まで気を抜かずに目標を達成する所存ですので、(抱負)
本年も変わらぬご指導、ご鞭撻をいただけますよう心よりお願い申し上げます。(指導を願う言葉)
◯◯様のご健康を祈念しております。(先方の幸せを祈る言葉)

ビジネス

取引先などビジネスパートナーへ出す年賀状のポイントは、旧年中の愛顧に対する感謝と、引き続き良いい関係を希望することです。ちょっとした自社のアピールポイントなどを入れてもいいでしょうし、必要であれば業務連絡を簡潔に入れてもいいでしょう。また、最後に相手の商売繁盛を願う言葉も忘れずに。賀詞は「謹賀新年」「恭賀新年」といった「謹」「恭」が入っていものがいいでしょう。

【取引先への例】
恭賀新年(賀詞)
旧年中は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。(旧年中のお礼)
本年は新たなスタッフを迎えてさらなるサービスの向上に努めてまいりますので、(自社のアピールポイント)
変わらぬご贔屓をいただきたくお願い申し上げます。(今後のお願い)
御社ますますのご発展をお祈りしております。(先方の幸せを祈る言葉)

親類向け

親類へ向けて出す年賀状のポイントは、旧年中にお世話になった事へのお礼や疎遠に対するお詫びを述べ、先方の近況を尋ね、こちらの近況を伝えることです。文体も少し柔らかくてもいいかもしれません。もちろん最後に相手の幸せを祈る言葉も忘れずに。賀詞は先方が目上の人なら「謹賀新年」「恭賀新年」、そうでなければ「新春」「賀正」「あけましておめでとうございます」など、「謹」「恭」が入らなくてもいいでしょう。

【親戚への例】
あけましておめでとうございます。(賀詞)
昨年わが家では長男が大学を卒業し社会人となりました。(近況報告)
今年はいよいよ◯◯君が結婚ですね。(相手の近況を尋ねる)
結婚式で美人と評判の奥さんに会えるのも楽しみにしています。(先方の幸せを祈る言葉)
本年もよろしくお願いいたします。(今後のお願い)

友人・知人向け

友人・知人に向けて出す年賀状のポイントは、何年も会っていない人もいるでしょうから、まず自分の近況を伝え、次に先方の近況を尋ねることです。文体も少し柔らかくてもいいかもしれません。今後の交友を願う言葉もあるといいですね。賀詞は先方が目上の人なら「謹賀新年」「恭賀新年」、そうでなければ「新春」「賀正」「あけましておめでとうございます」など、「謹」「恭」が入らなくてもいいでしょう。

【友人への例】
Happy New Year(賀詞)
昨年は転職の時の心温まるアドバイスがとてもうれしかったです。(旧年中のお礼)
新しい仕事も順調に覚え刺激的な毎日を過ごしています。(近況報告)
暖かくなったら◯◯も誘ってゴルフに行きましょう。(今後の交友を温める言葉)
本年もよろしくお願い申し上げます。

困った時の文例集

個人向け

新春を迎え、◯◯様、ご家族の皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

初日の出と共に希望に満ちた20××年が始まりました。
ご家族の皆様には幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。
旧年中は格別のご支援を賜りありがとうございました。
ご家族の皆様に幸多き年でありますよう、心からお祈り申し上げております

ご家族の皆様におかれましては、お健やかに初春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。

本年も皆様にとってよい年でありますよう。心よりお祈り申し上げます。

ビジネス向け

謹賀新年
昨年は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございました。
本年も変わらぬご愛顧をいただきたく社員一同心よりお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

恭賀新年
旧年中は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
本年は新たなスタッフを迎えてさらなるサービスの向上に努めてまいりますので、
変わらぬお引き立てのほどお願い申し上げます。
御社ますますのご発展をお祈りしております。
平成〇〇年 元旦

謹賀新年
昨年はひとかたならぬご指導をいただき、
新しいプロジェクトも無事終了することが出来ました。
本年も新しいことにチャレンジしていきますので、
変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

報告をかねて

あけましておめでとうございます。
私たちは昨年結婚し、
夫婦そろって初めての正月を心おだやかに迎えることができました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

あけましておめでとうございます。
昨年は結婚式にご出席いただき誠にありがとうございました。
まだまだ未熟な二人ですが力を合わせてがんばりますので、
今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
お近くにお越しの際はぜひともお立ち寄りください。
平成〇〇年 元旦

あけましておめでとうございます。
昨年は新しい家族が加わりにぎやかな家になりました。
今年は笑顔にあふれた一年になりそうです。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

あけましておめでとうございます。
昨年はわが家に新しい家族が増え、
泣き声と笑い声で賑やかに新年を迎えております。
ぜひ子どもの顔を見に来てください。
本年も親子ともどもよろしくお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

あけましておめでとうございます。
このたび私たち家族は下記住所に転居いたしました。
新しい家で迎える初めての正月です。
お近くにおいでの際はぜひお立ち寄りください。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

あけましておめでとうございます。
昨年◯月に転勤を命ぜられ下記に転居いたしました。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。
本年もよろしくお願い申し上げます。
平成〇〇年 元旦

頂いた年賀状への返礼

あけましておめでとうございます。
早々に新年のご挨拶をいただき誠にありがとうございました。
◯◯様にはお元気でお過ごしとのこと、心よりお慶び申し上げます。
本年も昨年に増してお世話になることと思いますので、
変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。
平成〇〇年 正月

あけましておめでとうございます。
年賀状ありがとうございました。
昨年◯月より◯◯へ出かけており、年始のご挨拶が遅くなってしまいました。
誠に申し訳ありません。
◯◯様にはお元気でお過ごしとのこと、心よりお慶び申し上げます。
本年も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

年賀状の基礎知識
オススメページ
PAGE TOP