Colorio EP-879Aシリーズで作る スマートフォン+小さめプリンタでらくらく年賀状作り

今年も残すところあとわずか、そろそろ年賀状の準備をしなければと考えている人も少なくないのでは。このページではエプソンのコンパクトでスタイリッシュな最新プリンタ「EP-879A」シリーズとスマートフォンを使って、手軽にキレイな年賀状をプリントするコツを紹介します。

ぐっとコンパクトになった写真高画質プリンタで、
手軽にきれいな年賀状を作ろう

日常にとけ込む、コンパクトでスタイリッシュなデザイン

エプソンのカラーインクジェットプリンタ、カラリオ「EP-879A」シリーズは、幅349mm×奥行340mm×高さ142mmというコンパクトなボディと無線LAN・Wi-Fi Direct®への対応で、スペースの確保やケーブルの配線に悩まずどんな場所にも置けるプリンタです。
マットなデザインはインテリアと調和し、天面のドットマットシボ仕上げは傷や埃がつきにくく、見ても触れても使用しても、心地の良い質感です。
また、前面2段給紙は上下に異なる用紙をセット可能で用紙入れ替えの手間を軽減。操作は前面のみで行えるため、使っているときもコンパクト。背面のスペースをとる必要はありません。紙を入れたまましまうことができるのも、日常使いにはうれしいですね。

幅349mm×奥行340mm×高さ142mm。昨年発売のEP-808Aシリーズから横幅-41mm。高いデザイン性でぐっとコンパクトになりました。
ホワイト・ブラック・レッドのカラーバリエーションで、お部屋の雰囲気に合わせたカラーを選ぶことが出来ます。

新6色インクで、写真入りの年賀状も色鮮やかにプリント

デジカメやスマートフォンで撮ったお気に入りの写真を年賀状にするなら、やっぱりキレイにプリントして送りたいもの。「EP-879A」シリーズは画質のきれいさもポイントのひとつ。 プリントに応じてインクのサイズをきめ細かく調整するインク技術「Advanced-MSDT」と、マイクロピエゾヘッドのエプソンの高い技術力。
そしてシアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの基本4色に、「ライトシアン」「ライトマゼンタ」の2色を加えた新6色インクを採用することで、鮮やかな色彩で写真やイラストをプリントすることができます。
特に、緑の色再現域が広がり、旅先の風景写真はより美しくプリントできます。

また、人物写真や風景写真を自動で見分けて、自然な色に自動補正することができる機能「オートフォトファイン!EX」を使えば、パソコンを使わなくても自慢の一枚を年賀状にすることができます。

写真高画質でイラストも写真も鮮やかでキレイな年賀状をプリントできます。
スマートフォンで撮った写真もキレイにプリント。「ライトシアン」「ライトマゼンタ」のライトインクにより、こどもの肌の色合いもなめらかに表現。
シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックに、ライトシアン・ライトマゼンタの2色を加えることで、空の色や肌の色など微妙な色彩をしっかり表現します。

スマホからのプリントも簡単!無線LANで快適プリント

設置場所を考えるときにうれしいのが、無線LAN・Wi-Fi Direct®対応。
プリンタとコンピュータをケーブルで繋ぐ必要がないので、スペースさえあれば好きな場所に設置することができるのです。
そして無線LANで繋がるということは、スマートフォンから直接プリントすることもできるということ!
スマートフォンで撮影した写真を年賀状に使いたいと思った場合、プリントするために一旦パソコンへ写真データを取り込む手間が少し面倒なところ。でも、無料でダウンロードできるエプソンのプリント専用アプリ「Epson iPrint」と連携すれば、パソコンを介さずにスマートフォンから直接プリントすることができるのです。もちろん年賀状に限らず、スマートフォンで撮った写真ならダイレクトに印刷できるので、普段から気軽にプリントアウトして楽しめます。

また、「Wi-Fi Direct®」機能を利用すれば、無線LAN環境がない場合でもワイヤレスで利用することが可能です。
有線LANでのネットワーク接続や、USBケーブルでパソコンと直接接続して使用することもできます。

新しいユーザーインターフェイスで迷わず操作「直感タッチパネル」

「EP-879A」シリーズは、新しいユーザーインターフェイス採用の「直感タッチパネル」。 目的の操作にすぐにたどり着けるタブ分け表示、絵でわかりやすい設定のビジュアル化、操作ボタンのアイコン化など、すぐに使いこなせる工夫で迷わず操作できます。

また、印刷するときに便利なのが自動電源オン。Wi-Fi接続のスマートフォンやUSB接続のパソコンから印刷するとき、離れた場所にプリンタがあっても大丈夫。わざわざ電源ボタンを押さなくても、印刷スタートにあわせて自動で電源が入ります。

液晶モニターは、文字の階調性を高め、視認性もアップ。直感的に操作が可能です。
Wi-Fi接続のスマートフォンやUSB接続のパソコンで印刷ボタンを押すと、電源を切ったままでも自動で電源がオンに。

オモテ面も宛名もスマホでかんたん作成!
無料専用アプリ「スマホでカラリオ年賀2017」

スマートフォンで撮ったベストショットを年賀状にしたい!と思った時も、「EP-879A」シリーズで簡単に年賀状を作ることができます。
エプソンの提供する無料専用アプリ「スマホでカラリオ年賀2017」を使って、スマートフォンだけでオリジナルの年賀状を作ってみましょう。

「スマホでカラリオ年賀2017」には様々なタイプのテンプレートが用意されています。
お好みのテンプレートを選択してスマートフォンに保存されている写真をはめ込むだけで、簡単に写真入りの年賀状が作れます。
手描きの文字やイラストを追加して、自分だけのデザインにすることもできます。

さらに「宛名面作成」にも新たに対応しており、スマートフォンに登録している住所録を読み込んで、年賀状の宛名を作ることができます。 パソコンで作成したCSVデータの読み取りもできるので、昨年の住所データを使うこともできます。

デザインが完成した年賀状はすぐにプリントすることも、保存することもできます。保存したデザインは呼び出して再度編集することもできるので、納得のいくまでデザインを検討することができるのもうれしいですね。

ダウンロードはコチラから!(無料)
スマホでカラリオ年賀2017
iOS版(App storeへ) Android版(Google Playへ)

年賀状の制作手順(オモテ面)

1
「通信面作成」を選択します。
2
「新規作成」をタップします。
3
デザインを選択します。
4
写真枠をタップし、写真を取り込みます
5
好きなところにスタンプを追加できます。
6
文字を入力できるため、住所などを記載することが出来ます。
7
「手書き入力」では、様々な種類の筆を選択することができます。
8
手書きで飾ることもできます。
9
拡大してチェックしながら出来栄えを調整していきましょう。
10
スマートフォンから直接プリントできます。
11
完成!

年賀状の制作手順(宛名面)

1
宛先を登録します。
2
登録したリストの中から、印刷したい宛名を選択。
3
カラリオでプリントして、完成!
年賀状をキレイに印刷するには
年賀状の写真やイラストをできるだけキレイにプリントするコツは、プリント時の設定にもあります。
「スマホでカラリオ年賀状2017」でプリントする場合、プリント画面の「設定変更」で画質に関する設定ができるので、忘れずに設定を行ないましょう。
ポイントは「印刷品質」を“きれい”に設定することと、「用紙種類」を正しく設定すること。せっかく作る年賀状ですから、最高の画質でプリントできるように設定しましょう。

用紙の設定や印刷品質も、アプリから操作ができます。印刷にあった設定を行ないましょう。

SNSの写真や手書き合成、ひと手間プラスの年賀状

「スマホでカラリオ年賀状」以外に、ひと手間プラスした年賀状の作り方をご紹介しましょう。
エプソンプリンタ専用の無料スマートフォンアプリ「Epson iPrint」と「Epson Creative Print」をインストールすることで、さらに様々な楽しみ方ができるようになります。


手書き文字を加えてオリジナリティアップ

「Epson Creative Print」の機能のひとつ「手書き合成シート」を使うと、スマートフォンで撮った写真に、自由に手書きでコメントやイラストを加えたオリジナルの年賀状を作ることができます。とっておきの一枚が作れます。

印刷されたシートには薄く写真がプリントされているので、それを参考に文字やイラストを書き込みます。
完成した手書き合成シートをプリンタのスキャナに読み込ませます。
世界に1枚だけの、手書きの文字やイラストが入ったオリジナル年賀状の完成です!

SNSの写真を使った年賀状作り

また、FacebookやInstagram などのSNS(ソーシャルネットワークサービス)にアップロードしてある写真も、スマートフォンから簡単にプリントすることができるようになります。
「Epson Creative Print」の機能を使って、自分のアカウントにアップロードしてある写真をプリントすることができます。これらの写真を年賀状に利用するのもいいでしょう。

ダウンロードはコチラから!(無料)
Epson iPrint
iOS版(App storeへ) Android版(Google Playへ)
ダウンロードはコチラから!(無料)
Epson Creative Print
iOS版(App storeへ) Android版(Google Playへ)
パソコン不要で原寸大のサイズを確認しながら誰でもカンタンに年賀状作り
年賀状やハガキを、パソコンを使わずカンタンに作りたいならエプソンのハガキプリンタ「PF-81」がオススメ。
ハガキを原寸大で表示できる9.0型の大画面のタッチパネルを搭載しているため、作りながら実際の仕上がりをイメージしやすいプリンタです。
またテンプレートは、本体に内蔵された1,000種類と、同梱されている「年賀状デザイン集2017」付属のSDカーに305種類を用意。
「年賀状デザイン集2017」には、江戸時代の絵師・伊藤若冲をはじめとした有名作家の干支にまつわるデザインが入っており、話題の作品で年賀状を作ることができます。このデザイン集は単体でも販売されており、昨年本体を購入した人も利用できます。
宛名面はワイヤレスキーボードで入力ができるので、「PF-81」だけあれば年賀状が作れます。
もちろん、スマートフォンと連携して写真プリントも可能な一台です。

PF-81
ハガキサイズがそのまま表示できる9.0型の大画面とタッチパネルで、直感的に年賀状が作れます。
年賀状づくりから写真作品まで使える、高画質プリンタ「Colorio V-edition」シリーズ
スマートフォンで撮ったとっておきの一枚を、作品として楽しみませんか?
高画質×低インクコストの両立を実現したプリンタ「Colorio V-edition」シリーズを使えば写真の楽しみ方がぐっと広がります。
より美しくプリントできる秘密は、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックの基本色に「レッド」「グレー」を加えたEpson ClearChrome K2インク。「レッド」「グレー」を加えた6色インクにより、高画質で、幅広い色表現が可能になりました。
カラー写真はより自然で鮮やかな色が表現できるようになり、グレーインクにより、微妙なニュアンスのモノクロ写真も楽しめます。
また色かぶりや逆光の補正・暗部の階調補正など、プリンタ上でイメージ通りに写真を編集したり、フチをつけた印刷ができたりと、パソコンが無くても本格的な作品作りに取り組める一台です。

EP-10VA
低インクコストで年賀状づくりから写真作品まで使える、新高画質プリンタ「Colorio V-edition」のA3対応モデル。迫力のあるA3プリントまで可能で、印刷の幅が広がります。



EP-30VA
「Colorio V-edition」のA4対応モデル。高画質でありながら、コンパクトなボディで、日常使いでも置く場所を選びません。

エプソン EP-879Aシリーズ

●外形寸法(収納時):
幅349mm×奥行340mm×高さ142mm
●用紙サイズ:カード・名刺・L判~A4
●ダイレクトプリント:
メモリーカード、赤外線、USB/無線・有線LAN、Wi-Fi Direct®

問い合わせ先

カラリオインフォメーションセンター 050-3155-8022
http://colorio.jp

※Wi-Fi Direct®はWi-Fi Allianceの登録商標または商標です

特設ページ
オススメページ
PAGE TOP